中部鋼鈑株式会社ロゴ

Product 製品情報

建築構造用
490/520Mpa級TMCP鋼板

CK-HYS325 認定番号MSTL-0393
認定書・指定書

CK-HYS355 認定番号MSTL-0409
認定書・指定書

CK-HYS325 認定番号MSTL-0393 認定書・指定書 CK-HYS325 認定番号MSTL-0393 認定書・指定書
CK-HYS355 認定番号MSTL-0409 認定書・指定書 CK-HYS355 認定番号MSTL-0409 認定書・指定書

1. 特 長

板厚40mm超えでも基準強度(F値)が低下しない
項目 CK-HYS325 CK-HYS355
許容応力度の基準強度 325N/mm² 355N/mm²
溶接部の許容応力度の基準強度 325N/mm² 355N/mm²
鋼材の材料強度の基準強度※ 325N/mm² 355N/mm²
溶接部の材料強度の基準強度※ 325N/mm² 355N/mm²

※数値の1.1倍以下とすることができる。

② 基本性能はSN規格に準拠

引張強さ・降伏比・シャルピー吸収エネルギー・炭素当量・溶接割れ感受性組成・超音波探傷試験・寸法許容差など、基本性能はSN規格に準拠しています。

③ 短納期・低コスト化が可能

加速冷却を用いない当社独自の非水冷型TMCPプロセスのため、製造工程がシンプルであり短納期・低コスト化が可能です。

製造可能サイズ

CK-HYS325B・C CK-HYS355B・C
40mm< ≦60mm B材 12mm< ≦50mm
C材 16mm≦ ≦50mm
1524mm≦ ≦2438mm 1524mm≦ ≦2438mm
3048mm≦ ≦13000mm 3048mm≦ ≦13000mm

2. 規 格

化学成分

記号の種類 板厚 mm 化学成分(%)
C Si Mn P S
CK-HYS325B 40< ≦50 ≦0.18 ≦0.55 ≦0.16 ≦0.030 ≦0.015
50< ≦60 ≦0.20
CK-HYS325C 40< ≦50 ≦0.18 ≦0.020 ≦0.008
50< ≦60 ≦0.20
CK-HYS355B 12< ≦50 ≦0.20 ≦0.55 ≦1.60 ≦0.030 ≦0.015
CK-HYS355C 16≦ ≦50 ≦0.020 ≦0.008

備考:
必要に応じて、表以外の元素を添加することができる。

炭素当量または溶接割れ感受性組成

記号の種類 炭素当量(Ceq) (%) 溶接割れ感受性組成
PCM(%)
板厚(mm)
CK-HYS325B・C 40< ≦50 ≦0.46 ≦0.29
CK-HYS355B・C 12< ≦40 ≦0.44
40< ≦50 ≦0.46

備考:
1. 炭素当量(%) Ceq = C+Si/24+Mn/6+Ni/40+Cr/5+Mo/4+V/14
2. 溶接割れ感受性組成(%) PCM =C+Si/30+Mn/20+Cu/20+Ni/60+Cr/20+Mo/15+V/10+5B

機械的性質

記号の種類 降伏点又は耐力0.2%
(N/mm²)
引張強さ
(N/mm²)
降伏比
(%)
伸び(%)
板厚(mm) 試験片
CK-HYS325B・C 325≦
≦445
490≦
≦610
≦80 23≦
CK-HYS355B・C 355≦
≦475
520≦
≦640
≦80 ≦50 19≦
40< 21≦

備考:
試験片は、圧延方向に対して直角に採取する。
降伏比 =〔降伏点又は耐力0.2%/引張強さ〕× 100

シャルピー吸収エネルギー

記号の種類 試験温度
(℃)
シャルピー吸収エネルギー
(J)
試験片及び採取方向
CK-HYS325B・C 0 27≦ Vノッチ
圧延方向
CK-HYS355B・C

厚さ方向特性

記号の種類 絞り値(%)
3個の試験の平均値 個々の試験値
CK-HYS325C 25≦ 15≦
CK-HYS355C

超音波探傷試験

記号の種類 適用 判定
CK-HYS325B
CK-HYS355B
指定のある場合、JIS G 0901
により試験を行なう
JIS G 0901の判定基準等級Yによる
CK-HYS325C
CK-HYS355C
JIS G 0901により試験を行なう

形状、寸法、重量及びその許容差
形状、寸法、重量及びその許容差はJIS G 3193に従う。ただし厚さの許容差はJIS G 3136による。

3. 母材特性

供試材 CK-HYS325C 板厚60mm

化学成分

化学成分(%) 炭素当量
Ceq(%)
溶接割れ感受性組成
PCM(%)
C Si Mn P S
0.13 0.27 1.37 0.013 0.003 0.39 0.22

引張試験

降伏点又は耐力(N/mm²) 引張強さ(N/mm²) 降伏比(%) 伸び(%)
342 528 65 36

シャルピー衝撃試験

シャルピー吸収エネルギー※
試験温度(℃) (J)
0 215 218
224
215

※左:個々値、右:3個の試験平均値

厚さ方向引張試験

絞り値※
(%)
67 68
70
68

※左:個々値、右:3個の試験平均値

※左:個々値、右:3個の試験平均値
※左:個々値、右:3個の試験平均値

最高硬さ試験

予熱
(℃)
入熱量
(kJ/cm)
溶接材料 最高硬さ
Hv(10)
なし 16.7 JIS Z 3211;E4916U 319

4. 溶接継ぎ手特性

溶接試験体

溶接方法 溶接材料 入熱量
(kJ/cm)
四面BOX柱梁継手溶接試験体
スキンプレート:60mm
ダイアフラム:50mm
梁フランジ:45mm
炭酸ガスアーク溶接 JIS Z 3312;YGW18 28
エレクトロスラグ溶接 JIS Z 3353;YES51 633
四面BOX角溶接試験体
スキンプレート:60mm
サブマージアーク溶接 JIS Z 3183;S502-H 571
溶接継ぎ手特性 イメージ
溶接継ぎ手特性 イメージ

溶接継ぎ手の衝撃試験

溶接方法 試験温度
(℃)
吸収エネルギー(J)
BOND HAZ1※ HAZ3※
炭酸ガスアーク溶接 0 194 217 193
エレクトスラグ溶接 114 115 128
サブマージアーク溶接 77 71 130

※HAZ1、HAZ3とはHAZ部におけるボンド部からのノッチ位置(mm)を指します。

製品の主な特長・使用用途

こちらの鋼板が使われている用途は以下の通りです。
建築

カタログダウンロード

PDFカタログダウンPDF

建築構造用TMCP鋼板

PDFファイル版
製品カタログ一覧