製 鋼

より高品質にさらに信頼性を求めて、熱く生命を吹き込む。
中部鋼鈑では、需要家のニーズにお応えするために、生産技術の革新に積極的に取り組んでいます。200t電気炉EBT出鋼方式→取鍋精錬技術→連続鋳造技術を通して、総合的に確立した技術により、品質のすぐれた疵のないスラブを圧延工程に供給しています。またそのプロセスにおいて徹底した省エネルギーや、コストダウンが図られています。



製鋼工場
  電 気 炉
 ・ダイドーレクトロメルト式 1基
 ・200t
 ・22000V 3相
 ・70000KVA

  炉外精錬炉
 ・ダイドーレードルファーネス式 1基
 ・200t
 ・22000V 3相
 ・22000KVA

  連 鋳 機
 ・12mR湾曲4点矯正型 1基


製 鋼 工 程